GAP・ITサポート ビジョン

「農業に携わるすべての人を笑顔にする」

GAP・ITサポートは、GAPの普及、導入支援を通じて、農業の持続性に向けた取り組みを推進します。同時にIT技術を活用し、農場内の情報共有を円滑にし、かつ、農場内を「見える化」することで、経営判断および問題解決を迅速化し、農業経営の強化につなげます。

GAP・ITサポートは、農業経営者および農業従事者、農業生産・流通に関わるすべての方、農産物を購入するすべての消費者を笑顔にするため、GAPとIT技術を活用し、日本の農業を全力で支援します。

GAP・ITサポート スローガン

「GAPとITで農場を見える化し強くする」

 時代は常に変化を続けています。変化する時代の中で大切なことは、情報を収集し、迅速にかつ適切なタイミングで意思決定、経営判断することと思います。そのためには、いつでも意思決定、経営判断できるように、農場内の情報を「見える化」し把握しておく必要があります。

 しかし、やみくもに情報を収集するだけでは徒労に終わります。どんな情報を収集し、分析するのかが重要です。その一つがGAPです。GAPは「持続可能な農業」を実践するための一つの指標です。GAPは「食品安全、環境保全、労働安全、人権福祉、農業経営管理」5つの分野の事故を予防するためのルールを作り、ルール通り実施したことを記録に残し、ルール通りに実施できているか記録を確認します。GAPは工程管理(ルールを確実に実施すること)で事故を予防していきます。

 GAPを実践することで、農場内は見える化できます。しかし、紙に記録しておくと現場に行かないと確認ができない、集計作業をしないと状況が分からないかもしれません。そこで、GAPの取り組みと同時にIT技術を活用することで、いつでも、どこでも農場内の情報を共有できるようにし、農場内の連携を円滑に、かつ作業指示ができるようにしていきます。  

 GAPとITを組み合わせることで、情報共有がしやすくなります。しかし、GAPの記録は作業状況を確認するもので、経営判断に役に立つ情報とは限りません。そのため、GAPを活用して農場内を「見える化」するのと同時に、経営判断に必要な情報が何かを検討し、IT技術を活用して、収集、分析を進めていきます。IT化とは、情報を収集するだけではなく、分類し、集計し、比較し、分析して意思決定、経営判断に必要な情報にすることを言います。

会社概要

GAP・ITサポート合同会社

 代表 佐久間輝仁
 所在地 茨城県牛久市牛久町2972-5
 TEL 080-1290-1490
 MAIL info@gapit.jp

GAP・ITサポート合同会社は
●日本GAP協会 公認JGAP研修機関(登録番号 JGAP TB008)
●GLOBALG.A.P.登録トレーナー

の資格を取得しています。

業務内容

日本GAP協会公認 JGAP研修(研修機関登録番号 JGAP TB008)

 研修コース
 ・JGAP指導員基礎研修
 ・ASIAGAP指導員基礎差分研修
 ・団体認証研修

GAP導入支援

 ASIAGAP、JGAP認証の取得支援
 GAPに係る講演、執筆

IT導入支援

 運用設計、見直し支援
 システム、アプリの選定、初期設定支援
 システム、アプリ導入後の運用支援